* Vävning / 織り物*

Finnväv / フィン織り (A)

 

表紙が可愛くてインパクト大なフィン織りの本

Finnvävフィン織りは2重織りのテクニックの一つで、手間もかかりますがモノトーンでの表現がとても味わい深い素敵な織りです

この本ではフィン織りの中でもBohus地方で織られたものが紹介されています

中に載っている大作は織るのにどれだけの時間が費やされたかと思うとクラクラしますが、モチーフ自体もとても愛らしいので編み物に応用したり刺繍に転用したりといろいろ楽しめること間違いなしです

 

古本で買い付けたところ、中に新聞記事が挟んであり

フィン織りの柄が一つ載っていましたので、これも

本と一緒に送らせて頂きますね

 

 

18X22.5X0.9        66ページ

白黒写真のみ ハードカバー  1974年発行

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Finnväv / フィン織り (B)

 

 

上と同じ本です

上の本に挟まっていた新聞の切り抜き記事は実は

2つあって、同じ柄についての記事でしたので、

小さめの記事の方をこちらの本と本と一緒に送らせて頂きますね

小さい記事の方には組織図が載っていません 

 

表紙にややくすみが見られますが、大変美品です

 

18X22.5X0.9        66ページ

白黒写真のみ ハードカバー  1974年発行

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Finnväv / フィン織り (C)

 

 

上の2冊の6年後に出た改訂本です

中身は全く同じで装丁違いかな、、と途中までは

思ったのですが、作品例が異っていました

1冊めは持っていても、違うサンプルの見たい方にも

おすすめです

時代が進んで、カラーページがあるのも嬉しい

 

表紙に少しひっかき傷があります

 

20X20X1 95ページ

カラー写真あり ソフトカバー  1974年発行

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Väva finnväv / フィン織りを織ろう

 

この上の茶色い表紙のFinnvävの本の5年後に出た、改訂版とでも言うべき本がこちら

厚みも倍近くあって、フィン織りの歴史や背景などのほかにもノルウェイのフィン織りや同じくフィン織りが有名なポーランドのフィン織りの説明なども載っています

5年後に出ただけあって、カラーのページもあるのが嬉しい

 

未使用のようなとても良いコンディションです

 

118ページ カラー有り 1979年発行

20.5 x 20.5 x 1.3

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Vävning / 織り物

 

かなり基礎の内容です

最初の方は繊維の性質や組織の成り立ち、織り機の説明など実用的な内容

後半の柄の説明もスタンダードな織り柄の説明がびしっと載っています

 

裏表紙にスレあり

14 x 20 x 1.5 

185ページ(うちカラー4P) 1961年発行

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
VÄVNING förstaboken / 織り物 始めの1歩

 

織り物としてはかなり基礎的

素材、織り機の説明、組織の種類の説明

 

20.5 x 20.5 x 1.3

186ページ  1989年発行

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Roligt att väva / 織るって面白い

 

表紙から見ると、初心者用の本かなという印象

でしたが、こういう初心者風の本というのは

違うタイプの織りを広く浅く紹介してくれていて

なかなか良いのですよ

基礎はもちろん、ムンカベルテやリィヤ織りなど

織りバリエーションもちゃんと載っています

インテリアに使われているレトロ写真も良い感じ

 

ハードカバー 1965年 149ページ

16 x 22 x 1.5

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Dekorativ vävning / 装飾的な織物

 

織物の本というと、これまでも前半に織りの基礎知識

(縦糸の張り方や織機の部分名称など)が載っているものが多いのですが、これは全くそういうものを飛ばして

作品とくにディテールを載せてある本です

織り図・組織図は載っていません

スケッチから実際に布に柄をおこす場面が多く、

純粋にインスピレーション本と捉えて頂けると良いと思います 

絵織物の途中にRosengångが入っていたりと、少し

アーティスティックな表現も楽しいです

 

20.5 x 20.5 x 1

1986年 ハードカバー

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Väv i Rosengång och Munkabälte / ローゼンゴングとムンカベルテを織ろう

 

スウェーデンの織物の伝統柄の中でもファンの多い、この2つの織り方

絵織物以外は織り柄が単独で本になることは少ないので、嬉しい1冊です

 

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Bunden Rosengång från Jämtland och Härjedalen / イェムトランドとハリエダーレンのブンデンローゼンゴング

 

ブンデンローゼンゴングというのは、普通のローゼンゴングが表裏がほぼ同じ(反転しますが)なのに対して、綾織の特徴をうまく使った、表裏が異なる厚手の柄織りです

北欧の織物で、サンタさんや羊などのモチーフが

ずらりと並んだタペストリーが有名ですよね

この手法自体はスウェーデン中に広まっていたのですが

厚手なことで暖かい掛け布団ができることから、毛皮と組み合わせたブンデンローゼンゴングの掛け布団がスウェーデンの北部に多く残っています

 

この本は、特にその北部地方に残る織りに焦点を

あてたものです

農家で使われていた重厚〜な感じの配色のブンデン

ローゼンゴングは、今でも毛皮と組み合わせて

クッションなどにするのが人気です

正統派・伝統的な柄のお好きな方に☆

 

ソフトカバー 1983年 

17 x 24 x 0.9

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Daldräll / ダールドレッル

 

スウェーデンの織り方の種類に「drällドレッル」というものがあります

織物といえばストライプやボーダー、チェックなどが

一般的ですが、ドレッルは柄織のなかでも四角いモチーフを並べたような整列した柄行きが特徴で、スウェーデン全土で織られていました

(四角いモチーフ、といえばMunkabälteムンカベルテも四角い柄で有名ですが、ドレッルはムンカベルテよりもう少し柄が細かくて複雑な感じ)

綺麗なドレッルを織るためにはたくさんの綜絖が必要だったわけですが、最高16枚綜絖までにも達するドレッルを一般の人が織るのはたやすくないため、普通の織り機で家庭で織れるようにダーラナで考え出されたのが、このダールドレッルなのです

ダールドレッルは4枚綜絖で織れる気安さに加え、踏み木が6本もあればかなりのバリエーションが織れることで、ダーラナの家庭で好んで織られるようになりました

 

この本は1988年に、普通の織物好きの二人の主婦が

「この綺麗なドレッルをまとめて後世に残さなきゃ」と

声をかけてドレッル布を集めて回った集大成です

見てびっくり、私の自宅からほんの30分ほどの、私が通った学校のある小さな村を中心に集められていたのです

なんだか嬉しくなりました

 

17.5 x 24.5 x 1.5

ハードカバー 1988年 165ページ モノクロ

 

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
VI VÄVER MED GÖTA / ヨータで織ろう

 

上のダールドレッルのように、独自のドレッルを発展させていた地域は他にもありました

そのうちの一つがオステルヨートランドで、

「ヨータドレッル」と呼ばれていました

ヨータドレッルの特徴は、リネンの縦糸にウールの横糸を使って織られ、多くの場合は多色づかいであったということです

ヨータドレッル織の本は現行品もありますが、これは古書     なかなか出てこないレア本です

内部は綺麗なので、コンディションをご理解頂ける方に

 

19 x 21.5 x 1.6

1982年 ハードカバー

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
DAMAST / ダマスク織

 

これはもう、ジャケ買いです笑 格好よすぎます

 

DAMASTというのはいわゆるダマスク織りのこと

本の半分は織り機の説明や組織の成り立ちの説明で、

後半に柄の紹介と、その柄が織られるようになった背景

が語られています

 

残念ながら表紙の値段シールを剥がした跡のような

小さな破れにテープが貼られています

使用感はありますが、内部は綺麗です

 

17.5 x 21.5 x 1.5 ハードカバー

169ページ 1955年発行

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Opphämta och damast / ウップヘムタとダマスク

 

上でご紹介しているダマスク織り同様、少し変わった織り機で、なお且つ目を拾うことで柄を出す、ウップへムタOpphämta(Upphämtaともいう)と、ダマスクの本です

この手の織り方や柄に興味の有る方には大変オススメの本だと思いますよー

 

カラーページ多し 柄見本も多く掲載

今回の1冊は、本の角もピンピンでまるで未使用のよう

内部もまるで読まれたことがないかのような

大変素晴らしいコンディションです

 

17.8 x 22.5 x 1.5

164ページ 1982年 ハードカバー

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Så vävde de / 彼らはこう織っていた

 

表紙がブンデンローゼンゴングなので、それでも

スウェーデンの織を扱ったものに見えますが、

スウェーデンの、というよりも「織物」という

工芸そのものにフォーカスした1冊

 

世界の他の機織り文化との比較や、古い道具の

写真やイラストなどは見ていて興味深いです

近代以前のスウェーデンでは、機織りは女性のみならず

家族総出での仕事であり収入源であったこと、また

織りにまつわる言い伝えや習慣なども、ス語が読めれば

大変面白い逸話がいろいろ載ってるんですけど・・

(読めれば、ですね、すみません)

 

なので、織りのテクニックや組織図が載っている

本ではありません 

それでも織りの好きな方に・・・!

 

20.5 x 20.5 x 1.8

ハードカバー 1976年

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
FLAMSKVÄVNAD / フレミッシュ織り

 

スウェーデン南部を中心に大変流行したFlamsk織り、今も根強いのはやっぱり南部です

オールドでしかここまでまとまった本は無い感じ

付録の実物大デザイン図が巻末に付いているのですが、本の上端に当たる箇所が日焼けしています

 

前の持ち主のサインあり

使用感はありますが、内部は綺麗で良好なコンディションです

 

19.5 X 22.5 X 1.7

116ページ(うちカラー16P) 1967年発行

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Flamskvävnad / フレミッシュ織り

 

こちらもフレミッシュ織りの本

1977年出版なので、上の本より少し新しいということですがいずれも古典柄の説明や、フレミッシュ織りの歴史などのガイド本という感じです

 

持ち主のサインも無く、大変良好なコンディションです


1977年発行 111ページ

15 X 20.5 X 1.1

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Band / バンド織り

 

◎美品

 

15.5 x 20.5 x 1.1

160ページ カラーページ多数 1972年発行

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Brickbandsvävning / カード織り

 

こちらはカード織り専門の本です

図書館の本だったものが古本として出ました

図書館の本だったとはいえ、6年間で8人しか

借りてない(図書館カードが付いたままなので

判っちゃいました 笑)ということと、ハード

カバーの本だからでしょうか、傷みがほとんど

ありません

変わったフリンジの作り方や、丸編みまで(!)

載っていますので、どちらかというと基礎を超え

アレンジまでという感じです

 

折れ2ページ 鉛筆の書き込み1カ所

図書館のカード、スタンプあり

 

それ以外は大変良好なコンディションです

 

白黒のみ ハードカバー 95ページ

チャート付き 44型

20 x 20 x 1.4cm

 

 

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
väva i bandgrind / バンドグリンドで織る

 

かなり使用感

 

13.5 x 20 x 0.4

63ページ 1968年発行

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Band på många sätt / 色々な方法で織るバンド

 

バンド織りの本のなかで一番立派な本

カード織りだけではなく、コーム(リード)織りや

指織りなどいろいろな手法でのバンド織りが説明

されています

 

非常に美しい写真が多く、コンディションも巻頭に

前の持ち主のサインがある以外はほぼ完璧な1冊です

 

21 x 23.5 x 1.3

105ページ 1978年発行

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD