*Porslin*

 

アンティーク、ヴィンテージ、レトロ、、、

新しくないもののことを表す言葉にもいくつかあります

英語でいうAntiqueという単語は、100年以上経ったものに

使う表現なのだそう

 

1950年代〜1970年代に作られたものを

スウェーデンではRETROと称していて、大変人気があります

食器類、テキスタイル、インテリア、、、

国内外にコレクターの多い、まさに黄金期です

 

このブームももう10年以上続いていますが、

良いコンディションのものに出会える機会が少なくなりました

今回は、私がこの10年の間にゆっくりゆっくり

選んではコツコツ集めていったアイテムの中から

お宝を一部・ご開帳(笑)です

最近では見つけるのが難しくなって来たヴィンテージの中から

納得の行くコンディションのものを選りすぐってご紹介致します

 

とはいえ60年も前に作られたもののこと

キズ一つない新品と比べることはできません

ヴィンテージ、ユーズド商品にご理解のある方なら

これらがどれだけ良好なコンディションのものか

解って頂けると願ってます☆

 

 

店主hiroko 紅茶党なことから

ご紹介しているカップ&ソーサーのうち

大部分がティーカップなのはご愛嬌(^^)

コーヒーカップしか製造されていなかったデザインの場合は

しょうがないので(笑)コーヒーカップなのですが・・

両方製造されていた場合は迷わずティーカップ !

ほら、だって、ラッテなんかも大きなカップのほうがいいでしょう?

 

 

せっかくのお宝が、届いて開けてみたらクラッシュ、、、涙

ということになりませんように、いつにもまして

丁寧に梱包をさせていただくつもりです

お値段はすべて送料込みの表示となっております

ヴィンテージ、ユーズド、オールドの商品にご理解頂ける方

是非この機会にいろいろご覧になってみてくださいね

 

ーーー Rörstrand "Anemon" ーーー

 

ナチュラル好きな方々に

絶大な人気を誇る、このAnemon

たしかに、茶X白の配色の、落ち着きのある中の可愛さ

どんなお宅にも似合いそうです

 

Marianne Westmanの作と言われて久しいですが、

これは実は彼女の作品ではありません

Rörstrand社は名だたるデザイナーの他にも

社内にデザインチームを擁していて、

時代のニーズに合わせて色々な商品を送り出してきました

これもそういう作品の中の、最も成功した例の一つだと思われます

 

でも、誰が作ったかなんて、この可愛さの前には

愚問ですよね

女の子なら誰もが描いたことのある、単純な

5枚花びらの「そば◯うろ」のようなお花

(ときどき6枚花びらのお花もあるんです)

ただただ、ラブリー♪

 

 

Rörstrand "Anemon" c/s

大人気のAnemonの中でも入手困難なのが

このカップ&ソーサー

私も手元に1つしか持っておりませんが今回

せっかくなので特集としてお分けします

 

まさに使ってよし、置いて眺めて良し、の

そそられるアイテムですよね♫

 

カップの底にスプーンでかき混ぜた時のような

グラーのうすいラインが輪のように見えます

針で突いたような小さな焦げ茶の点が一つ

いずれも写真でも見えないくらい小さいです

 

カップを右手で持った時に向い側に来る内側の

上辺近くにキズがありますが、釉薬の下に

あるので、製造段階のキズのようです

その他は大変良いコンディションです

 

カップ Ø7.3 x H6.2

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Rörstrand "Anemon" Tallrik (A)

 

プレートには大きめのものもありますが、

私はこの一番小さいお皿が好き

花柄の数やバランスなんかが一番良く思えるのと、

このお皿でケーキを食べたくなるからです♫

 

小さなカトラリーの跡がありますが、全体に

光沢もあり、使用感のとても少ない状態です

3枚のうちAが一番コンディションがいいです

 

皿の裏側の出ているほうに、薄グレーのむらっぽい

色素の沈着があります

 

Ø18 x H2

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Rörstrand "Anemon" Tallrik (B)

 

中心部にはほとんどカトラリー跡はありませんが

白い花の部分に、少し薄いグレーのような色の

色素沈着が見られます

 

縁取りの茶色い色の部分に、引っ掻きキズのような

スクラッチが1つ

また、キズではないようなのですが、白っぽく

輪になっているものが見られます

 

皿の裏側の出ているほうに、薄グレーのむらっぽい

色素の沈着があります

 

それ以外は、こちらも光沢があり、とても良いコンディションです

Ø18 x H2

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Rörstrand "Anemon" Tallrik (C)

 

カトラリー跡は余り目立ちません

こちらも光沢があり、とても状態はいいのですが、

表面の白い部分に一カ所、釉薬がのっていないらしく

針でつついたような小さな穴のような箇所があります

(もちろん釉薬部分だけで本体に穴はありません)

 

皿の裏側のグレーの色ムラはなく、綺麗です

 

Ø18 x H2

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Rörstrand "Anemon" mjölkkanna(S)

 

人気のミルクピッチャーです

このぽってりした色合い、サイズ、柄が

とてもマッチしていますね

 

外観は未使用のように完璧なコンディションです

内部はスプーンで混ぜたときの跡のようなグレーの

線が底部にあり、また内側の縁にもスプーンが

当たったときに出来たようなグレーの線が薄く

見えます(写真ではとらえにくいレベルです)

 

右手で持ったときに手前に来る側の上辺が、

まっすぐではなく、ラインが少し緩んでいます

陰になるように光に当てると、少しえくぼのようになっているのがわかります

 

いずれも、記述はしていますがまったく気付かない

レベルの欠点だと思われますので、探していらっしゃった方、この機会に是非♫

 

開口部Ø8.3  本体最大幅10

持手を含む最大幅 13  H9

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Rörstrand "Anemon" Kanna (L)

 

Anemonピッチャーの大です

小さい方はミルクピッチャーに使えるなあと

思いますが、この大きいピッチャーは何を

入れるんでしょうね   Saftかな 

りんごのケーキにかけるカスタードのソースなんかだったかもしれません

 

そのせいか、ピッチャー(小)と同様に

スプーンで混ぜた時のスプーン跡のような

薄グレーの線が内部底と縁に少々

 

そのほか、残念なことに底に小さな点が

2つあり、周りに色素が沈着しています

輪ジミの大きさは5mmと1.5cmといったところです

 

こちらも外観はほぼパーフェクト

ひび割れ、貫入だらけの品がよく見られるこのアイテムではかなり良好なコンディションのほうだと思います

 

開口部 Ø11 本体最大幅 13

持手を含む最大幅 18  H12.5

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上

ーーー Gustavsberg "Verdi" ーーー

 

Stig Lindbergの作と言われている(けど彼の作品録には載っていない)

この愛らしい名作、Verdi

近年最も見つけるのが難しくなってきたものの1つです

 

 

私、この柄がとても大好きで

それも、少し違うグリーンのトーンのBersåと

一緒に並べて置くのが気に入ってしまって

さらにドンドン集めてしまいました

(もう持ってるっていうのに集めるのを

やめられない、私の悪い癖・・´艸')

 

 

           証拠写真 →

 

 

気付くともうふたケタを超えていたので(えっ?)

今回ここでのご紹介となりました

6客ございます

   ペアでもファミリーでも・・・♪

 

 

 

Gustavsberg "Verdi" c/s (A)

 

コンディションによってお値段を分けています

こちらは6点のなかで一番良好なもの

 

欠点らしい欠点といえば、カップの底近くに

茶系の小さな点があることと、スプーンで

混ぜた時のような薄グレーの跡

下の写真でご確認頂ければお解りかと思いますが、いずれも目で見えないくらいの些細なものです

外観も小さなスクラッチがわずかに認められますが、最上のコンディションです

 

カップ Ø8 x 5.5

ソーサー Ø12.5 x H2.2

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Gustavsberg "Verdi" c/s (B)

 

こちらは、カップの外側、左手でカップを

持った時に一番左に来る花柄のすぐ下に

うすいグレーのほわっとした色素が見えます

汚れというよりも、重ねたりしているうちに

釉薬がここだけ擦れてしまったような感じです

外観はスクラッチもほとんどなくとても綺麗で

内側にはほとんど見えないくらいの程度の

薄い小さな線と、底近くに点があります

(下の写真でご確認ください、ほぼ見えないレベルの欠点です)

 

カップの付け根の部分が少し目立ちますが、

色素はまだそれほど沈着していないのが現状です

ヒビではありません

 

カップ Ø8 x 5.5

ソーサー Ø12.5 x H2.2

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg "Verdi" c/s (C)

 

カップの外観はスクラッチも少なく、光沢もあり

とても良い状態

内側も、小さな茶色の点が底にありますが、

1つだけ

 

と大変良い状態なのですが、惜しいことに持手部分の

釉薬に透明な貫入が見受けられます

持手の上部分と、少し離れて下半分とにみられます

 

それ以外は大変美しい状態です

 

カップ Ø8 x 5.5

ソーサー Ø12.5 x H2.2

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Gustavsberg "Verdi" c/s (D)

 

このカップも(C)と同様、カップ本体の状態は

大変良いのですが、持手部分に少し難があります

 

持手部分の釉薬に貫入が見られます

(C)よりもこっちのほうが少し範囲が広いです

また、持手の付け根部分に、上下とも、少し

釉薬の隙間があったために色素の沈着が見られます

薄いクリームベージュ色になっています

 

ソーサーのほうには、薄ベージュの点がひとつ

 

それ以外はカップ本外は内外ともに大変美しい

コンディションです

 

カップ Ø8 x 5.5

ソーサー Ø12.5 x H2.2

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg "Verdi" c/s (E)

 

カップの内側のコンディションは完璧です

(B)と同様の、重ねた時に出来たと思われる

ごく薄いグレーの色が一番左の花の下にあります

 

持手の付根部分が少し目立ちますが、もちろん

ヒビではありません 

釉薬が盛り足りなかったのでしょうか

色素もまだそれほど沈着してない状態です

 

カップ Ø8 x 5.5

ソーサー Ø12.5 x H2.2

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg "Verdi" c/s (F)

 

(F)は、外観のコンディションだけで言うと

6つの中で一番美しい状態かもしれません

スクラッチがほとんどなく、パーフェクトに

近いヴィンテージコンディションです

持手も真っ白で、隙間も小さめ

ソーサーも光沢があり、とても良い状態です

 

惜しいことに、内部の釉薬の下に、ポツポツと

黒い点々がいくつかあります

私は詳しくないのですが、釉薬が多過ぎた場合に

起きるような感じで、きれいに釉薬が乗っている

カップ底にしばしば見られます

また、ほんの少しスプーンが当たった跡も

薄いグレーになっています(写真11枚目参照)

 

カップ Ø8 x 5.5

ソーサー Ø12.5 x H2.2

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD

ーーー Gustavsberg "Röd Aster" ーーー

Lindbergの作の中で、赤が使われているのは

割に少ない(と思う)のですが、

こちらはぐっと大人の赤づかい

 この他に青いバージョンもある(Blå Aster)のですが

私はなぜかこの赤(Röd)に惹かれます

 

Asterというのはキク科のアスター

見ればなるほどびっしりと花びらで埋められた花は

Lindbergが描いたのと同じだなとは分かるのですが

葉脈等の細部を描きつつも抽象化 簡略化されたライン

深い真紅に太めのしっかりとした黒い線が

ぐいぐいという感じで描かれています

Bersåも黒い線で葉脈が描かれていますがもっと
あっさりと描かれている上に整列柄ゆえ静止した感じ
こちらは葉や茎のうねり、蕾のシルエットなどが
静かな中にも躍動感を感じさせてくれます
「柄のパワー」  迫力です
左の写真でカップと一緒に写っているコルクの蓋付き
ジャーは、復刻版が出たときの新アイテムです
このページの下の方に「現行版」としてご紹介して
いますので、合わせて是非ご覧になってみてください

 

 

Gustavsberg "Röd Aster" Tekopp (A)

 

市場ではコーヒーカップの方が見つけ易いので

やっと手に入れたヴィンテージのティーカップ

 

内側の底に極小の黒い点々がいくつかあります

 

外側の柄に2カ所ほどスクラッチがあります

 

持手の付根、上側のみ少し色素沈着しています

 

いずれもこのカップの魅力を損なうことの無いレベルの僅かな欠点です

 

カップ Ø10 x H6

ソーサー Ø14.5 x H2.6

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Gustavsberg "Röd Aster" Tekopp (B)

 

カップ内側にごく小さな点々があり、また内側の縁にスプーンの跡のようなグレーの線が少し見受けられます

外側の上辺近くに、3mmほどの線が見えます(釉薬の下にあるので、製造段階で出来た線のようです)

カップ持手近くに、スクラッチ2ヶ所

 

ソーサーの底部分の釉薬の下に、少し線があります

柄の葉っぱのところに1mm大のスクラッチがあります

ソーサー裏のマークの部分の文字がヨレている箇所があります(下の部分写真にて確認してください)

 

それ以外は、全隊的な光沢も素晴らしく、コンディションは良好です

 

カップ Ø10 x H6

ソーサー Ø14.5 x H2.6

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg "Röd Aster" Tekopp (C)

 

カップ内側に点々(写真ではほとんど捉えることができないくらい薄いもの)

 

カップ内側上辺近くに彩色の際の赤い色が付いた箇所があります

 

カップ外側の柄部分にスクラッチ2カ所

 

ソーサーの柄部分にスクラッチ2カ所

 

ソーサーの裏側に黄色い小さなシミ

 

 

カップ Ø10 x H6

ソーサー Ø14.5 x H2.6

 

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上

ーーー Gustavsberg "SPISA RIBB" ーーー

 

1955年にスウェーデンのHelsingborgで行われた万博・H55で

発表されて大成功をおさめた、SPISA RIBB

調理→そのまま食卓に出せる、耐火機能と美を備えたシリーズの

"Terma"と合わせて発表するために企画されたSPISA RIBBですが、

同じ万博ではDominoシリーズも同時に出展されていたといいますから

H55でのGustavsbergの充実ぶりが想像されます

 

Termaに合うような食器を作るようにと

会社から言われたかどうかはもちろん分かりませんが

茶色一色のTermaに合わせるからといって

こんなシンプルな白地に黒の細線を引いておいて、最後に

縁取りに茶色いラインをサッと引くだけ、なんて作品を

思いつくものなのでしょうか

単純、明快、そしてスタイリッシュ

天才っているんだ、と思わされる1品です

Gustavsberg "SPISA RIBB" Tekopp (A)

 

ティーカップまずは1つ目です

 

まずこちら、カップ底のスタンプがありません

真っ白です

時々こういうのがあるんですよね

 

内側底部に目立たないくらいの点々があります

 

カップの持手の付根部分に色素の沈着が少し

見られます

持手付近の外側に少し点々があります

 

食器自体にはカケ、ヒビなどの一切無い

良好な状態です

 

カップ Ø10 x H6

ソーサー Ø15 x H2.5

 

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg "SPISA RIBB" Tekopp (B)

 

2点目、Bです

 

こちらは内外に少しずつ点々やペイントの色が付いた所が見受けられます

 

カップの持手の付根に少し色素沈着しています

 

ソーサーのラインのカスレ、ヨロケなど少し有

 

食器自体にはカケ、ヒビなどの一切無い

良好な状態です

 

カップ Ø10.3 x H6

ソーサー Ø15 x H2.5

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg "SPISA RIBB" Sockerskål

 

さて、ここでご紹介するのは少し風変わりな

アイテム

Gustavsbergのシリーズにはシュガーボウルは通常もっと低い、高さ3cmほどのものが存在するのですが、なぜかこれはカップと全く同じ大きさのボウル

カップにスッポリ入ります

ミルクピッチャーでももちろんないし

(小さな花瓶型のものが存在するので)

どう呼べばいいでしょう

お茶菓子入れかな?やっぱり♫

 

カップに持ち手が付いてないだけ、みたいな

このアイテム、状態は大変良好です

写真とその説明でご確認ください

 

Ø10.3     H6

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD

ーーー UPPSALA-EKEBY/Gefle "ZEBRA" ーーー

ドイツ生まれのEugen Trostが

働いていたGefle窯がUPPSALA-EKEBYと合併した後に

デザインしたシリーズ、ZEBRA

スウェーデンのヴィンテージ食器を語る上で

外すことの出来ない、まさにアイコンというべきアイテムの一つ

LindbergのBersåと双璧をなすと言ってもいいでしょう

多作でそのいずれもが有名なLindbergとは対照的に

この一品以外はほとんど知られていないEugen Trostですが

その一品がまさかヴィンテージの象徴となっているとは

彼も驚いているかもしれませんね

幻の配色、グリーンや赤、ターコイズなどを所有している

コレクターもいるそう

 

手描きで描かれたとは思えない黒のライン

それでも近くで見ると、確かに筆のタッチを感じます

 

 

ZEBRAを一度でも探したことのある方なら

きっとお解り頂けると思いますが、

この作品、貫入(釉薬のひび割れ)が入っていないものを探すのが

もう、不可能に近いくらいものすごーーく難しいんです

ずうっと陶器を作って来ていたUPPSALA-EKEBY/Gefleが

高級ラインを打ち出すべく送り出したZEBRAですが

どうも釉薬の特性か、貫入が入り易いのです

 

今回ここでご紹介するのは、私が奇跡的に出会った

「貫入ゼロ」の2点です

 

 

UPPSALA-EKEBY/Gefle "ZEBRA" (A)

 

奇跡の貫入ゼロのまずは一品目

 

ヴィンテージの食器類のクオリティをご存知の方なら、ペイントミスや気泡はそれほど欠点として捉えないということは分かって頂けると思いますが、こちらは本当に素晴らしいコンディションです

 

内部に薄いベージュの点がありますが

(写真6、7枚目参照)それにしても

ほとんど気付くことはありませんし、

大きさも0.03mmほどです

 

外側はカップの上辺近くに製造時に筆でも当たってしまったのかと思うような小さな

凹みが1カ所あります

 

小さなスクラッチも光に当てて良く見ないと目立たない程度

 

全体的に光沢も素晴らしく、つやつやピカピカの状態

いわゆるアンティーク市などではここまでのレベルにもう会えなくなってきていると思いますので、この機会にご検討くださいね

 

カップ Ø9.7 x H8 (取手を含む最大幅 11.5cm)

ソーサー Ø15.5 x H2.8

 

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
UPPSALA-EKEBY/Gefle "ZEBRA" (B)

 

同じく貫入ゼロのトップコンディションの1品

 

こちらも(A)と同様、内部には小さなベージュの点が1つあるのみ(0.05mm大)で

大変良好なコンディションです

 

外側にはペイントミスの黒点が1つ

スクラッチも光にかざせば見えますが

完全に許容範囲だと思われます

 

ソーサーは上側は完璧なコンディション

下から見た時の端に1カ所だけ、製造段階で出来たと思われる線が入っています

ヒビというのでもなく、どちらかといえば釉薬をかける前の素焼きの段階で既に入っていた表面のみの割れ目っぽいのですが、その上から釉薬が掛かって仕上がっているという感じ

 

以上を踏まえても、今後出会うことが非常に難しいほど良好な状態の一品です

ペアはもちろん、単品でも迫力のこのZEBRA

北欧風インテリアを格上げしてくれること間違い無しです

 

カップ Ø9.7 x H8

(取手を含む最大幅 11.5cm)

ソーサー Ø15.5 x H2.8

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上

ーーー Gustavsberg "ODON"ーーー

ODONというのは

ブルーベリーなども属するビルベリー種の

ベリーの名前のこと

英語で訳すると"Bog Whortleberry"と出ました

日本語ではクロミノナツハゼ(黒実夏櫨)と言うそうです

 

皿の周囲に茂る葉っぱたちは

このベリーの低木の茂みを表していたんですね

(でもベリーを扱いつつ、果実を描いていないというのは。。。

なぜ?というか、さすが斬新というか? 謎です、Stigさん、、、

いずれにせよ可愛いのでいいんですけど♪)

 

Stig Lindbergデザインの中では

あまり市場に出回ることが無いためか、

他の有名なシリーズより相場は低いはずなのに

出ると使用感があってもレア度でいつも高値になってしまう

不思議なシリーズ ODON

 

私は可愛いお皿も好きですが、全面柄だと

可愛いけど食事の盛りつけに難しいなと思うことがあり、

こういう風に縁のみに柄が施されたお皿は

食事に使うのに向いていて、とても嬉しくなってしまいます

このお皿もそういうわけでよく使われていたようで

今回ご紹介する中では最も使用感があります

(ODONシリーズはなぜか共通して、概して使用感が多いです)

 

惜しむらくはモチーフ部分に釉薬がかかっていないこと

それゆえ柄部分はマットですし

柄にもスクラッチが付きやすいんだと思います

 

縁が少し立ち上がった、

サイズ的にも使い易さ間違い無しのプレート

爽やかな柄がお料理をやさしく引き立ててくれそうです

 

Gustavsberg "ODON" Tallrik (A)

 

まずは1点目

プレートの中央の白い無地部分にカトラリー跡がやや目立ちます

 

食器自体は割れ、カケ、ヒビ、シミなどの一切無い、とても良いコンディションです

 

Ø約23 x H3

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Gustavsberg "ODON" Tallrik (B)

 

2点目、Bです

 

プレートの中央の白い無地部分にカトラリー跡がやや目立ちます

 

柄モチーフ部分にわずかにスクラッチあり

 

食器自体は割れ、カケ、ヒビ、シミなどの一切無い、とても良いコンディションです

 

Ø約23 x H3

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Gustavsberg "ODON" Tallrik (C)

 

3点目、(C)です

 

基本的なコンディションは上のA、Bと同様

ですが白い無地部分のほぼど真ん中あたりに

製造段階で出来た、釉薬の下の不思議な

キズ??があります

見た目はまるで「素焼きの段階でちょっと欠けちゃったのを、破片を埋め込んでその上から

釉薬をかけた」とでもいう感じ

Gustavsbergという、企業で、まさかそういう学校の陶芸室のような埋め合わせ(文字通り、、)をやってたとは思えませんが 笑

白に白なので、えっ?と目を凝らすと分かりますが、見ればみるほど不思議なキズです

(キズといっても釉薬の下なので、表面はツルツルなんですよー)

 

その他は小さな点、柄カスレなどが各1つずつ

ありますが、普段使いにはオススメです

 

Ø約23 x H3

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD
Gustavsberg "ODON" Tallrik (D)

 

4点目、(D)です

 

基本的なコンディションは上のA、Bとほぼ

同クラスで、中央の白無地部分にカトラリー

跡がやや目立ちます

 

また、Dにはその中央の白無地部分に1カ所

針で突いたような小さな穴が(写真3枚目参照)

あって、そこに色素沈着しています

シミの大きさ自体は1mmくらいです

 

食器自体は割れ、カケ、ヒビ、シミなどの一切無い、とても良いコンディションです

 

Ø約23 x H3

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD

ーーー Gustavsberg "Pynta"ーーー

 

Stig Lindbergのヴィンテージ作品の中でも

製造年数が短いことと、それゆえ入手困難で

かつ高価なことで知られるPyntaシリーズ

様々な形のものがありますが私のお気に入りは

この四角いプレート

 

中心にずらりと並んだリンゴちゃんが、同じく

Lindberg作のPALLの柄と同じなので、まるで

PALLを持っているようで嬉しいのです♪

ひょっとしてPALLよりも可愛いかもしれない

とすら思っている私、、、実際にPALLは

入手困難どころかまずお目にかかれない

(それにお目にかかれても買えないし、、、)

ですもの

 

 

Gustavsberg "Pynta" Rektangulärafat

 

さてこちら、一見未使用に見えるほど良好な

状態でパーフェクトかと思われたのですが、

内側の角に1カ所、釉薬のヒビと色素の沈着が

見られます    残念!

とはいえほとんどスクラッチが無く、かなりパーフェクトに近いコンディションであるとは言えると思います

細かなコンディションの説明は、下の写真に

ついている解説をご覧下さいね☆

いずれも一見しただけでは気付かないようなことまで全て記述しています

 

お探しだった方、この機会に是非♫

 

23 x 31.5 x H3.8

  • Tack! SÅLD / Thank you! SOLD

さて、ここからはヴィンテージではなくて

現行品のご紹介です

 

ヴィンテージ食器が大好きな私は

 

なんだか復刻版はBersåも色が全然薄いし

Prunusに至っては絵の繊細さが全く無くなっちゃってるし、、

 

Gustavsberg社の復刻版には目もくれず、

ただただオリジナルばかりを集めておりました

 

ところがある時、ショップを覗いてみると、、、

このコルク蓋付きのジャーが目に止まりました

単純に元からあるものの復刻ではない、新しい型であることと

c/sなどではオリジナルとはかけ離れた発色でガッカリしたのが

オリジナルに最も近い発色で柄付けされているということ

 

ということで、このジャーだけは許しちゃったのです(笑)

 

この、ぽってりとしたフォルムとコルクの蓋の組み合わせ

かなりお気に入りなのですが^^

 

 

<お断り


ここでご紹介しているジャーは

Gustavsberg工場併設のアウトレットにて購入したものです

1級品とは区別されて売られていたのですが、正直

いったい何が悪くてアウトレットに回って来たのか分からないくらい

欠点個所がみつかりません

「えっ、まさかこれのことを欠点て言ってるの?」という点を

がんばって見つけてみても、それが欠点だと言う自信がないという感じです

 

ただ、工場で正式に鑑定されてアウトレットへ来たものですので

気がついた点は全て写真と文章でご説明しておりますが

1級品でないということだけはご了承くださいますよう

お願い申し上げます

 

 

 

 

 

 

 

Gustavsberg burk m.lock (Röd Aster) / コルク蓋付きジャー (Röd Aster)

 

このコルクの蓋付きジャーをやっぱり買おうと

決心したのは、このRöd Asterを見たからです

復刻版のc/sは色も浅くて、なんだかかすれた

感じでニガテだったのですが、このジャーのみ

オリジナルにかなり近い色を出すことに成功した

って感じで、いい色です

 

欠点は見つかりませんでした

 

開口部 Ø9.7 (底部Ø9) x H6

蓋を閉めた高さ H7

 

 

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg burk m.lock (Berså) / コルク蓋付きジャー Berså

 

 

 

 

Tack, SÅLD! / Thank you, SOLD!


 

 

 

開口部 Ø9.7 (底部Ø9) x H6

蓋を閉めた高さ H7,5

 

 

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg burk m.lock (Salix, röd) / コルク蓋付きジャー Salix(red)

 

 

本体内側の底の中心部あたりに光を当てるとわかる

程度ですが、えくぼのようになっています

 

柄は表面に対して少し盛上がってる感じ

(黒のほうがフラットな仕上がりです)

 

開口部 Ø9.7 (底部Ø9) x H6

蓋を閉めた高さ H7,5

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg burk m.lock (Salix, svart) / コルク蓋付きジャー Salix(black)

 

 

コンディションなどの詳細は下の写真に

付いているコメントを参照してください

 

開口部 Ø9.7 (底部Ø9) x H6

蓋を閉めた高さ H7

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上
Gustavsberg burk m.lock (Adam) / コルク蓋付きジャー Adam

 

 

 

Tack, SÅLD! / Thank you, SOLD!

 

 

 


 

 

 

  • 有効
  • 配送期間:1週間以上